spacer

どこの町にも元気なお酒屋さんがある。それが私たちの夢です。

spacer
 
ホームに戻る
会社概要
本格芋焼酎
奄美黒糖焼酎
米焼酎・麦焼酎
こだわりの逸品
オリジナルラベル
販促用商品案内
お問い合わせ
お取扱店短信
焼酎の蔵探訪
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
薩摩酒類販売 facebook
トピックス
 
吉永酒造

焼酎の蔵>吉永酒造-鹿児島県指宿市

わたしたちの芋焼酎「砂のかけはし」の蔵元さんです。



4代目俊公さんが平成22年11月に若くして亡くなられてから、2年。
現在、5代目の章一さんが、お母様と一緒に焼酎造りを続けています。
お宅には、今にもひょこっと帰ってきそうな、俊公さんのむじゃきな笑顔のご遺影が、ご家族を見守っています。

俊公さんとご夫婦ふたりで、ずーっと一緒に過ごしてこられた奥様は、「まだ、(亡くなったのが)昨日のことのよう」と、涙を浮かべながら、でも、最期まで、長い時間一緒に居ることができたとお話しくださいました。

俊公さんは、県外で就職されていた章一さんを呼び寄せ、造りの継承を最後まで続けられたそうです。そして、その年の新焼酎を味わい、「良い焼酎ができた」と、製造が一通り引き継がれたことを確認したところで、旅立たれました。

これから、お母様と5代目が、親子ふたり仲良く、おいしい焼酎づくりに取り組んでいかれます。

吉永酒造
5代目章一さんと、お母さま。(H24.12)



今回は鹿児島県指宿市にある吉永酒造さんの蔵をご紹介します。
指宿市は砂蒸温泉で有名な観光地です。

吉永酒造
温暖な気候で菜の花がいっぱいでした。(H18.2)

田良岬(地元では田良浜)沖には「砂のかけはし」の名前の由来となった「知林ヶ島」があります。知林ヶ島は海岸から800mほど沖にある周囲約3kmの無人島で、干潮時には砂州が現われ島まで渡れる道ができます。(潮が満ちてくると道は消えてしまいます。) 
恋人同士でこの島へ渡ると恋が成就すると伝えられています。
テレビドラマのロケにも使われるなど有名な場所です。

吉永酒造
魚見岳からの知林ヶ島(ちりんがしま)
惜しくも干潮の時間を逃してしまったため
知林ヶ島に続く、白い砂の道「砂のかけはし」が消えかけの状態です。


温暖な気候とゆったりとした環境の中、じっくり手間ひまかけ
精魂を傾けて焼酎づくりを続けている吉永酒造さん。
ご夫婦二人の夫婦(めおと)蔵、仲むつまじいお二人の様子が印象的でした。

吉永酒造
杜氏の吉永俊公(よしなが・しゅんこう)さん。
ひいお祖父さんから4代目となります。
どちらかというと無口な方ですが、設備や焼酎について、細やかに熱く説明してくださいました。(H18.2)
 
sshside3
一般小売店専門卸-薩摩酒類販売有限会社 鹿児島県霧島市霧島田口560
TEL 0995-64-8162 FAX0995-64-8163
sshside4