spacer

どこの町にも元気なお酒屋さんがある。それが私たちの夢です。

spacer
 
ホームに戻る
会社概要・設立の目的
本格芋焼酎
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg

ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg

ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg

ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
奄美黒糖焼酎
米焼酎・麦焼酎
こだわりのリキュール
オリジナルラベル
販促用商品案内
お問い合わせ
お取扱店短信
焼酎の蔵探訪
薩摩酒類販売facebook
トピックス
 
ときめく風味の「ときまさり」で仕込みました。
百姓百作ときまさり
百姓百作 ときまさり ラベル
百姓百作ときまさり 商品イメージ

1800ml 720ml  25度
ときまさり、米麹
数量限定

株式会社霧島町蒸留所
(鹿児島県霧島市霧島)
蔵のご紹介
ときめくような焼酎になる「ときまさり」というさつま芋を使用



「ときまさり」は、淡い紅のグラデーションが美しい、鴇(トキ)色をした、こぶりで可愛らしいさつまいもです。

焼酎にすると、華やかな芋の香りがたち、「ときめくような」風味になるということで、この名が付きました。皆様の憩いのひと時を、ときめきと共に、お楽しみください。


さつまいもは約2000以上の品種があるといわれますが、「百姓百作シリーズ」では、そのうち100品種に挑戦し、どんな芋でも、おいしい焼酎をつくることができる技術の習得に努めています。明るい農村の挑戦は、続きます。

 ■「百姓百作」の由来
弊社は、鹿児島県の旧霧島町にあります。とても明るい農村です。農村には、お百姓さんたちがいます。
 お百姓さんは、田んぼで田植えから、半年の時間を費やし米を育てます。同時に、畑ではトマト、ナス、かぼちゃ、いんげん、大根、にんじん、ごぼう、里芋、レタス・・・など、季節ごとに色んな種類の野菜を作ります。そして間伐をしたり薪木を集めたりの山仕事。自宅では牛や鶏を飼い、世話をしつつ、仕事の合間には、鳥小屋などの、必要なものを何でも自分で作ります。

福岡県嘉穂郡桂川町寿命にお住まいの古野隆雄さんがいつも使われている言葉です。こうやって、百の仕事をするから、「百姓」なんです。そして必要な物を、何でも作るから「百作」です。創意工夫の世界、それが「百姓百作」です。
  古野農場

 
sshside3
一般小売店専門卸-薩摩酒類販売有限会社 鹿児島県霧島市霧島田口560
TEL 0995-64-8162 FAX0995-64-8163
sshside4