どこの町にも元気なお酒屋さんがある。それが私たちの夢です。

 
ホームに戻る
会社概要・設立の目的
本格芋焼酎
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
 
奄美黒糖焼酎
米焼酎・麦焼酎
こだわりのリキュール
オリジナルラベル
販促用商品案内
お問い合わせ
お取扱店短信
焼酎の蔵探訪
薩摩酒類販売facebook
トピックス
 



黄麹 木々の目覚め
1800ml・720ml 25度 
さつま芋、米麹(黄麹)
「青潮会」のみの限定品
株式会社祁答院蒸溜所
(鹿児島県薩摩川内市祁答院町)
蔵のHP

  【年2回 春・秋限定品】
祁答院蒸溜所の代表銘柄「木々の目覚め」シリーズに、「黄麹仕込」が新発売になります。

温暖な鹿児島では「黄麹仕込」の温度管理が、とても、むずかしいものですが、
蔵男(くらこ)7名一丸になって、完成させました。

<ほんのり黄色い、黄麹。1次もろみの様子>


祁答院蒸溜所
黄麹仕込です!!

できあがったものは、とても上品な吟醸の香りと、やさしい甘さで、なかなかのものです。従来品の白麹「木々の目覚め」黒麹「木々の目覚め」と飲み比べて、その違いをお楽しみください。


<近代焼酎麹の歴史>
「黄麹」から「黒麹」そして「白麹」「新黒麹へ」〜

@明治10年代
 当時の焼酎は、今と比べものにならないくらい、まずいしろものだった。しかも製品にばらつきがあり、よく「腐る」。
 気温の高い所に、本来、寒冷地向きの日本酒と同じ種麹(黄麹)を使っているせいではないかと考え、暑い所(沖縄)の泡盛に目を付けた。

A明治43年
 河内源一郎 沖縄泡盛造りの麹より、酸度の高い(クエン酸として約2倍の生成力)「中酸性黒麹」を選び、この黒麹を使っ
 て安全に焼酎造りができるようになった(泡盛黒麹菌)。

B大正12年
 この黒麹から突然変異種に「河内菌白麹」を分離。この菌の持つ特性を生かして、甘味の多い焼酎造りを実施。

C昭和26年
 焼酎造りの麹、黒麹60%、白麹40%に。

D昭和20年代終わり
 柔かい甘味と軽快さで、白麹90%へ。

E昭和60年代前半
 白麹菌から更なる突然変異株、新黒麹の開発。その後、黒麹ブーム。


 
一般小売店専門卸-薩摩酒類販売有限会社 鹿児島県霧島市霧島田口560
TEL 0995-64-8162 FAX0995-64-8163