spacer

どこの町にも元気なお酒屋さんがある。それが私たちの夢です。

spacer
 
ホームに戻る
会社概要
本格芋焼酎
奄美黒糖焼酎
米焼酎・麦焼酎
こだわりの逸品
オリジナルラベル
販促用商品案内
お問い合わせ
お取扱店短信
焼酎の蔵探訪
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
薩摩酒類販売 facebook
トピックス
 
すき酒造


焼酎の蔵>すき酒造-宮崎県小林市須木(平成18年3月20日須木村が小林市と合併)


すき酒造さんがあるこの地は、小林インターから降りて車で約1時間ほどです。写真にある池の小さな滝から聞こえてくるせせらぎの音以外は何も聞こえてこない、神秘的な空間でした。

すき酒造 ←ままこ滝

須木は、宮崎県の西部、面積の90%が森林という地で、船の建造用のスギが多く産出されたのが地名の由来です。
蔵のすぐそばには本庄川が流れ、その流れは、この小野湖に注いでいます。


この地には、九州中央山地の南端、大森岳1109mを筆頭に、深い山々が連なります。自然が豊かなこの村は、川の流れも穏やかで、時間の流れも穏やかです。
自然豊かな中に、すき酒造さんはあります。
すき酒造
すき酒造
蔵の中に案内していただくと、目に付いたのは、やはり、和がめ。
仕込時期には、「おいしい焼酎が出来るように」と、一日に何度もかいをいれ、時には夜中まで行われるとの事。


芋蒸し器です。
すき酒造
本坊酒造屋久島工場から、2006年秋に、故郷の小林市に戻り、すき酒造さんに加わった、内嶋光雄杜氏。

黒麹芋焼酎をはじめて手がけた杜氏として、有名な人です。
心強い杜氏さんが加わりました(^-^)/
すき酒造

取材後記
山村に位置するすき酒造さんは、自然の恵みと、ゆっくりとした時の流れの中で、時間と手間をかけて焼酎を造っておられました。味わい深い須木焼酎。是非ご賞味下さい。(H19.1)。

 
  カウンターSince:Aug 2003    
sshside3
一般小売店専門卸-薩摩酒類販売有限会社 鹿児島県霧島市霧島田口560
TEL 0995-64-8162 FAX0995-64-8163
sshside4