どこの町にも元気なお酒屋さんがある。それが私たちの夢です。

     
 
ホームに戻る
会社概要・設立の目的
本格芋焼酎
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
ssharrowimg
奄美黒糖焼酎
米焼酎・麦焼酎
こだわりのリキュール
オリジナルラベル
販促用商品案内
お問い合わせ
お取扱店短信
焼酎の蔵探訪
薩摩酒類販売facebook
トピックス
 
100年前の芋焼酎

どんぶり仕込み「燃島」(もえじま)
100年前のどんぶり仕込み「燃島」(もえじま)ラベル 100年前のどんぶり仕込み芋焼酎「燃島」(もえじま)
 100年前のどんぶり仕込み芋焼酎「燃島」(もえじま)化粧箱
 1800ml 25度 <箱入り、箱なし>
900ml 25度<箱入り、箱なし>
さつま芋、米麹

萬世酒造株式会社
(鹿児島県南さつま市)
蔵のご紹介

 

「どんぶり仕込み」は、およそ100年前・明治時代末期までの製法です。
麹と主原料(芋・米)と水をいっぺんにに加えて仕込む一段仕込みで、とても難しく技術を要する製造方法です。

加えて業界で初めて、清酒で使われる黄麹菌と白麹菌を併用しました。

100年前の芋焼酎「燃島」の味わい

「燃島」は通常の芋焼酎と比べて酸味が強く(3倍〜4倍)、料理との相性が◎。
芋の香りが強く、口当たりはまろやかで、後味はスッキリ。甘味・辛味の両方を感じられる、どっしりとした奥行きのある、芋焼酎の原点ともいえる味わいです。

銘柄名の由来
  銘柄名は、安永八年(1779年)の噴火で、鹿児島のシンボル桜島の北東に出現した「宝島」とも呼ばれる小さな島(燃島)に由来しています。

燃島(もえじま)の近況

   鹿児島市桜島の北東に浮かぶ「燃島」(新島)。
   かつて200名近くいた人口も年々減り、平成25年(2013年)夏から、無人の島となりました。
   
   周囲2.3キロで、5千年前の地層をそのまま見れるなど、自然豊かなこの島を、
   「子供たちの野外学習体験の場にしよう」と、平成26年1月から、島の出身者が清掃を続け、
   野外学習の企画を続けています。
   
    @ 船(行政連絡船)は、浦之前港から、1日3往復(所要時間 片道15分)
    A 船の営業は、日曜日、水曜日、金曜日。
    B 島の侵食は、周辺に堤防を築き防いでいる。
鹿児島の錦江湾に浮かぶ燃島(もえじま)という島
芋焼酎製法の移り変わり ☆どんぶり仕込みは、江戸〜明治までの製法。そのあと☆鹿児島式二段仕込みが確立され、一般的となった(大正後期)
■関連商品
   黒燃島 燃島熟成麦焼酎 
   黒燃島 燃島熟成麦焼酎 

一般小売店専門卸-薩摩酒類販売有限会社 鹿児島県霧島市霧島田口560
TEL 0995-64-8162 FAX0995-64-8163