どこの町にも元気なお酒屋さんがある。それが私たちの夢です。

 
ホームに戻る
会社概要・設立の目的
本格芋焼酎
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
薩摩酒類販売img
 
奄美黒糖焼酎
米焼酎・麦焼酎
こだわりのリキュール
オリジナルラベル
販促用商品案内
お問い合わせ
お取扱店短信
焼酎の蔵探訪
薩摩酒類販売facebook
トピックス
 
長期熟成 野海棠 参拾参度
長期熟成 野海棠 参拾参度
※画像はイメージです。
長期熟成 野海棠 参拾参度

1800ml 33度
さつま芋、米麹
「野海棠取扱店」のみの
限定流通品

株式会社祁答院蒸溜所
(鹿児島県薩摩川内市祁答院町)
蔵元HP

日本唯一の製法「野海棠」の、希少な高濃度 熟成酒!

品切中。次回発売は、未定です。

わたしたちは、平成19年10月、鹿児島県甑島の下甑村青瀬から、祁答院町藺牟田に移転をし、日本で初めての木槽(もくそう)仕込み芋焼酎蔵として、再出発しました。

「野海棠 参拾参度」は、わたしたちの「夢」の原点、手造り麹、木槽仕込、木樽蒸溜芋焼酎の、希少な長期熟成 原酒です。

一般的な仕込み方法ですと、原酒は36度〜39度になりますが、「野海棠」は木槽、木樽等々、特別な製造を積み重ねるため、33度ほどに仕上がります。

「野海棠 参拾参度」は、2010年3月検定原酒(19%)、
2010年10月検定原酒(58%)、2012年3月検定原酒(23%)
を絶妙にブレンドし、みなさまにお届けします。

上品かつ濃厚な味と香りを、ストレートかロックでお楽しみ下さい。


■手造り麹
「手造り焼酎」とは、焼酎の土台となる麹育成の段階で、温度管理のできる機械を使わず、麹室(こうじむろ)と呼ばれる木の部屋の中で、蔵人の手で、直接麹と触れ合いながら麹を育んでいく製法です。

祁答院蒸溜所では、220枚のもろ蓋を使った、伝統手造り製法を行なっています。
手造り麹づくりの様子


■木槽仕込み
木槽(もくそう)は、厚さ7センチの杉の木を、丸く組み合わせた容器です。この木槽に、焼酎のもととなる、モロミを入れ、蒸留直前まで、ゆっくりと発酵を進めます。

木槽は、かめ壺や、ステンレスタンクと違い、素材が自然の木であるため、暑い、寒いといった外気温の変化が中のモロミに伝わりにくく、最後まで穏やかに発酵し、丸みのある焼酎に仕上がります。
木槽(もくそう)の様子

■木樽蒸溜
焼酎づくりの最終段階である「蒸留」を、木樽(きだる)で行います。
一般的に、ステンレス製の蒸留機が多いのですが、木樽蒸留機づくりの職人は少ないため、貴重な蒸留機です。自然の木でできた木樽の蒸留機を使うことで、やわらかで、まろやか、ほのかに木の香を感じる焼酎を取り出せます。

■長期熟成
蔵で3年以上の時間をかけ、じっくりと大切に貯蔵・熟成させました。

■銘柄由来
「野海棠」(のかいどう)は、世界でただ1ヶ所、霧島で自生する花です。国の天然記念物に指定されており、5月上旬のわずかな時期に、 リンゴの花とサクラの花をあわせたような、清楚で可憐な美しい花を咲かせます。
野海棠の花

■関連商品
別撰 野海棠    野海棠
  芋焼酎 野海棠 


 
一般小売店専門卸-薩摩酒類販売有限会社 鹿児島県霧島市霧島田口560
TEL 0995-64-8162 FAX0995-64-8163