明るい農村の四季・春

明るい農村の四季・春 芋焼酎 25度 白麹ゴールド
明るい農村の四季・春 芋焼酎 25度 白麹ゴールド

さつま芋
米麹(白麹ゴールド)、25度

春限定発売
1800ml: 3,981円(税込)
720ml(箱無): 2,300円(税込)
720ml(箱入): 2,500円(税込)

株式会社 霧島町蒸留所
(鹿児島県霧島市霧島)
蔵のご紹介

春はピカピカの一年生のような、軽やかで可愛らしい味を表現!

2021年度分は、ご好評につき完売いたしました。(次回発売予定:2022年2月4日)

創業から110年目を迎える霧島町蒸留所は鹿児島県内で活躍する画家の小向井一成氏とコラボレーションし、「明るい農村の四季」を2020年から発売。
「春」「夏」「秋」「冬」と、季節に合わせて展開いたします。絵と焼酎の味が絶妙にマッチしたコンビネーションをお楽しみいただけます。

春は「ピカピカの1年生」のような、軽やかで可愛らしい味を表現。

このコラボレーションは、特に都会から、忘れられつつある「日本の農村の風景」を、画家である小向井氏と弊社が、それぞれの役割を生かし、後世に伝えたいという共通の想いから実現。
小向井氏は、例えば「日本の春」を「満開の桜の下をワクワクドキドキしながら赤いランドセルを背負って寄り道しながら歩く女の子」と表現。
そのイラストから焼酎ブレンダー は、軽快で新鮮な香りと優しい甘みをイメージ。その味を実現するために「白麹の女王」といわれる白麹ゴールド菌を使い、まさに「ピカピカの1年生のようなフレッシュ」な口当たりに仕上げました。

明るい農村の四季・春 芋焼酎 25度 白麹ゴールド 春らしいピカピカの1年生がモチーフです

明るい農村の根強いファンに向け、焼酎の「四季」を楽しんでもらいたい。

今回発売するのは食卓に置ける720mlサイズ。例えば、春なら「フレッシュな味わい」を生かせるように、水割りやロック、ソーダ割をおすすめしています。
メインのラベルからは、思い切って商品名を削除。これは小向井氏が描いたイラストを最大限に生かしたいから。この焼酎は、私たちが考えた「春の味」ですが、飲まれた方、それぞれに異なる「春」をイメージして楽しんでいただければ幸いです。

今後も「原材料のすべてを霧島で」という、テロワール(土地に根差すものという意味のフランス語)の実現にむけて取り組んで参ります。

小向井一成(こむかい かずなり)氏プロフィール

  • 1948年鹿児島県さつま町生まれ
  • 福岡でJR九州(旧国鉄)に勤務。2004年に退職。
    現在さつま町で創作、絵手紙画家の活動等を続けている。