長期貯蔵「ネリヤカナヤ」

奄美大島の黒糖焼酎 ネリヤカナヤ
25度 バガス紙のラベル
奄美大島の黒糖焼酎 ネリヤカナヤ 25度

黒糖、米麹、25度

1800ml: 3,080円(税込)
720ml: 1,562円(税込)

株式会社 奄美大島開運酒造
(鹿児島県大島郡宇検村)
蔵のご紹介

香り高く、爽快な風味

長期貯蔵で、ますますおいしくなりました。

発売当初、唯一の純奄美黒糖焼酎ということで、黒糖焼酎業界をはじめ、消費者のみなさまから絶賛を博して参りました「ネリヤカナヤ」が、長期貯蔵になりました。長期貯蔵により、一層おいしくなった「ネリヤカナヤ」を、ぜひお楽しみください。

奄美の黒糖焼酎はもともと、奄美群島が昭和28年にアメリカから返還された時、奄美の主要農産物である黒糖で焼酎を造り飲んでいた実績が評価され、黒糖を原料にしての酒類製造は酒税法で、奄美群島だけに認められたいきさつがあります。
黒糖焼酎の原料のほとんどが、諸事情から奄美群島以外(沖縄・ボリビア等)の黒糖が使われている中、本土復帰50周年を迎えた2003年の記念すべき年に、奄美本島の宇検村産の黒糖を使った純・奄美黒糖焼酎「ネリヤカナヤ」が生まれました。

「ネリヤカナヤ」は、通常より20%黒糖を多く使用することで風味がさらに増しており、仕込を三段に分けることで無理なく発酵しています。さらに奄美の最高峰、湯湾岳の自然名水によって一層まろやかになりました。 
杜氏は女性杜氏として高い評価を受けている渡悦美(わたりえみ)氏で、ラベルにはさとうきびの絞りかすを使ったバガス紙を使用するなど、細部にもこだわりを見せています。

飲み方は、オンザロックでも、ストレートでも、またお湯割、水割りにしてもおいしいです。


さとうきびと黒糖

黒糖焼酎 ネリヤカナヤに使われる、宇検村産の黒糖、サトウキビ
これが宇検村産黒糖、後ろに写っているのは原料のサトウキビです。
 宇検村にあるサトウキビ畑
宇検村にあるサトウキビ畑、ここでネリヤカナヤの原料が作られています。

関連商品