霧島町蒸留所(黒麹)

さつま芋、米麹、25度

1800ml: 2,619円(税込)
720ml: 1,320円(税込)

株式会社霧島町蒸留所
(鹿児島県霧島市霧島)
蔵のHP

霧島山系伏流水仕込みの黒麹かめ壺焼酎

霧島町蒸留所は、明治44年創業で、霧島町で一番古い蒸留所です。
住所は、鹿児島県姶良郡霧島町田口(現 鹿児島県霧島市田口)。ご多分にもれず、この町も、市町村合併で、「霧島市」になりました。
そこで、いつまでも町内の人たちに「霧島町」という名前を、身近に思い出してもらえるように「霧島町蒸留所」という銘柄にしました。
おかげさまで、かめ壺焼酎「霧島町蒸留所」は、各新聞や地元紙にも、“復活蔵のかめ壺焼酎”として大きく取り上げられました。

古い木造の蒸留所の中で、300kgのお米をドラムで蒸し、三角棚で麹(こうじ)をつくり、かめ壺で仕込みました。麹は、黒麹菌を使用。1,500キロの黄金千貫でもろみをつくり、ゆっくり蒸留しました。
仕込みも割り水も霧島山系の地下水。原酒のうまさ、水のおいしさを、そのまま残すため、ろ過は、異物混入を防ぐ程度の、ごく控えめにしました。(ほぼ無ろ過です)
その結果、うすにごりで、もろみの風味が豊かな焼酎になりました。
黒麹かめ壺焼酎「霧島町蒸留所」(黒ラベル)は、濃厚な味と芳醇な香りを追求したものです。この蔵の特徴でもある、キレの良さも十分です。

黒麹かめ壺焼酎「霧島町蒸留所」の特徴について

黒麹かめ壺焼酎「霧島町蒸留所」は、白麹・かめ壺焼酎「霧島町蒸留所」と同じく、原酒のうまさ、水のおいしさをそのまま、残すため、ろ過は、ごく控えめにしています。 
このため、気温が低いときなどは表面に浮いたり、オリとなって沈殿したりしますが、これは高級脂肪酸などの旨み成分ですので、ご心配ありません。
よく振って溶け込ませてから、お飲みください。お湯割り・ロック・水割りでおいしくいただけます。