古酒 手造り青潮

手造り青潮
芋焼酎 古酒 手造り青潮

注文

1800ml / 税込3,143円(税抜2,857円) 
720ml / 税込1,760円(税抜1,600円) 

■ 古酒 手造り青潮(あおしお) 25度  
◇海の蔵から山の蔵へ。
平成19年、鹿児島県甑島(こしきじま)から祁答院町へ蔵を移転してから平成29年で、丸10年。これを記念しまして、手造りかめ壺焼酎の「古酒 手造り青潮」を発売しました。
焼酎づくりの土台となる、麹造りにおいて、「手造り」で仕込んだ奥深い香り、味わいを楽しめる芋焼酎です。
いも焼酎は、一般的には新酒で飲まれることが好まれますが、さらにまろやかな香味を得るため、貯蔵、熟成をさせます。
熟成香(じゅくせいこう)と呼ばれる豊かな香りと、おだやかな深いコクの風味が特徴です。

古酒 手造り青潮

原材料:芋、米麹
麹  :手造り
仕 込 :かめ壺
度 数 :25度
貯 蔵 :3年以上

さつまいも(黄金千貫)

【手造り焼酎とは?】
焼酎の土台となる麹育成の段階で、温度管理のできる機械を使わず、麹室(こうじむろ)と呼ばれる木の部屋の中で、蔵人の手で、直接麹と触れ合いながら麹を育んでいく製法です。

◇古酒 手造り青潮のふるさと
祁答院蒸溜所は、前身の「青瀬共同店」(明治35年)から数えて、114年。「青潮」は、鹿児島県の旧下甑村青瀬(あおせ)で誕生しました。
銘柄は、青瀬にある青潮岳(511m)、青潮神社からきています。「青潮」は日本海流、黒潮の支流で、青い濃い色合いから、青潮と呼ばれます。

銘柄由来「青潮」は、甑島の青瀬地区にある、青潮岳、青潮神社から。
美しい海岸。

関連商品

まぼろしの青潮
手造り青潮