まぼろしの青潮

荒濾過原酒の濃淳な旨みとコク まぼろしの青潮 由来
手造り芋焼酎の原酒「まぼろしの青潮」

注文

1800ml / 税込3,520円(税抜3,200円) 
720ml / 税込1,760円(税抜1,600円) 

■ 「まぼろしの青潮」  36度以上

祁答院蒸溜所の原点である青潮。昔ながらの手造り麹、鹿児島県産さつまいもを、かめ壺で丁寧に仕込みました。
できあがった原酒には水を一滴も加えず、奥深い風味を、存分に味わっていただこうと、特別に「荒ろ過」仕上げで瓶詰します。
アルコール度数は36度以上と高いですが、旨味成分が濃縮された、贅沢な「荒ろ過・原酒」の深い香りとコクを、ぜひ、ストレートかロックで、お楽しみください。

「肥薩国境・焼酎街道をゆく」という書の中で、その著者は「積年の思いつのる青潮焼酎」と記してある。
かつて「青潮」は、鹿児島県の甑島でつくられていた。
製造が一時期、途絶えていたこともあったが、平成19年、祁答院蒸溜所として再出発。

まぼろしの青潮

原材料:芋、米麹
麹  :手造り
仕 込 :かめ壺
度 数 :36度以上

さつまいも(黄金千貫)
ステンレス製単式蒸留機で、うまみをしっかりと取り出しました。

【手造り焼酎とは?】
焼酎の土台となる麹育成の段階で、温度管理のできる機械を使わず、麹室(こうじむろ)と呼ばれる木の部屋の中で、蔵人の手で、直接麹と触れ合いながら麹を育んでいく製法です。


関連商品

手造り青潮

古酒 手造り青潮

■ 古酒 手造り青潮(あおしお) 25度   ◇海の蔵から山の蔵へ。 平成19年、鹿児島県甑島(こしきじま)から祁答院町へ蔵を移転してから平成29年で、丸10年。これを記念しまして、手造りかめ壺焼酎の「古酒 手造り青潮」を発売しました。 焼酎づくりの土台となる、麹造りにおいて、「手造り」で仕込んだ奥深い香り、味わいを楽しめる芋焼酎です。 …


お客様の声

芋の甘みがあって、37度もあるのにロックでつい飲み過ぎてしまう。

青い瓶が甑島の海みたいでキレイ!

原酒のふくよかな味わいを楽しむことが出来、とても満足。

知人に薦めると、必ず美味しいと褒められるよ。

蔵見学は、先祖の出身地でのよい思い出になりました。加えて、最後に行った甑島の絶景巡りも最高でした。。明日はその景色を思い出しながら青潮を呑もうと思います。37度なのにグイグイいける、とても危険なお酒なのですが…(笑)。