赤芋全量 明るい農村

赤芋全量・明るい農村 赤芋焼酎 25度
赤芋全量・明るい農村 赤芋焼酎 25度

赤芋、赤芋麹、25度

数量限定品
1800ml: 3,247円(税込)
720ml: 1,656円(税込)

株式会社 霧島町蒸留所
  (鹿児島県霧島市霧島)
蔵のご紹介

赤芋麹を使いすべて赤芋だけで仕込んだ、ピュアな味わい

赤芋100%の芋焼酎「赤芋全量 明るい農村」(赤芋、赤芋麹)です。

一般的な芋焼酎は、麹づくりで、「お米(米麹)」が使われますが、この「赤芋全量」焼酎は、お米を一粒も使っていません。代わりに、赤芋を小さくカットした「赤芋ダイス」を蒸し、麹菌をつけ「赤芋麹」をつくりました。

赤芋ダイス

芋麹に使用する赤芋ダイス
赤芋仕込みのもろみ もろみの状態はとても鮮やかな美しい赤色です
赤芋仕込みのもろみ もろみの状態はとても鮮やかな美しい赤色です

封をきると、赤芋本来の独特の香り。赤芋100%だけの芋焼酎は、こんな風味なのか!と感じ入ってしまうほどです。

いつも「赤芋仕込み 明るい農村」(赤芋・米麹)をお召し上がりの皆様には、特に風味の差を味わっていただきたいと思います。

ふんわり、やさしい赤芋全量焼酎。
ぜひ、お楽しみください。

全量芋仕込み焼酎 歴史

通常、芋焼酎は、米麹を使いますが、1930年ごろ、戦時中の米不足により、芋麹焼酎に変わっていきました。

終戦後も米不足がつづいたため、切り干しさつま芋で造られたことがあります。

官能的には、米麹の芋焼酎に比べ、甘い香りのモノテルペンアルコール含有量が多いため、上品で香り高く、繊細かつ厚みのある風味です。

もちろん、この頃使われていたのは、白系のさつまいもです。

赤芋全量焼酎の出現は、ここ数年間のことで、赤芋全量明るい農村は、とても希少なものです。