赤芋仕込み明るい農村

赤芋仕込み 明るい農村 芋焼酎 25度
赤芋仕込み 明るい農村 芋焼酎 25度

さつま芋(赤芋)、米麹、
25度

1800ml: 2,807円(税込)
720ml: 1,383円(税込)

株式会社 霧島町蒸留所
(鹿児島県霧島市霧島)
蔵のご紹介

フルーティな香りと、甘さ

熊本国税局酒類鑑評会で、また、名誉ある賞をいただきました!

【 2021.04 熊本国税局酒類鑑評会 優等賞 受賞 】
【 2020.05 熊本国税局酒類鑑評会 優等賞 受賞 】
【 2018.04 熊本国税局酒類鑑評会 杜氏代表 受賞!!
【 2016.05 熊本国税局酒類鑑評会 鹿児島県製造場 代表受賞

「赤芋仕込み 明るい農村」は、皮も中身も赤いさつまいもを使い、かめ壺で仕込んだ芋焼酎です。

赤芋は、ポリフェノールの一種である、アントシアニン系の天然色素(赤紫色)が特徴的で、仕込の際、モロミはとても鮮やかで、濃い赤色になります。

赤芋仕込みのもろみ もろみの状態はとても鮮やかな美しい赤色です
※ 蒸留すると無色透明になります。真っ赤で美しいモロミが見えるのは仕込みの時だけです。

赤芋によるみずみずしくフルーティな香りと、やさしい甘さ、すっきりした飲み口を、ぜひ、お楽しみください。

ラベルは、黄金色に染まった田んぼが、オレンジ色の夕日に照らされて、稲穂が輝いて見える、そんな「実りの秋」をイメージして作られています。


旧霧島町は、人口5,000人の小さな農村。
1,000mを越える山々が連なり、火口湖が景観に彩をそえます。

霧島町蒸留所

「明るい農村」の蔵は、町の中心部と鹿児島最大の神社「霧島神宮」のほぼ中間のところにあります。蔵の背後には、高千穂峰がそびえ、美しい霧島川が流れています。とても豊かな自然環境に包まれています。

蔵の宝物は、創業当時(1911年)から使い続けている、約100年以上前の貴重な日本製の和がめです。

100年以上前から伝わる貴重なかめ壺 霧島町蒸留所

製造場内に、54本ありますが、1つ1つ、色も、形も大きさも、同じものは一つとしてありません。100年前の日本の職人さんが作った、手づくりのかめ壺なので、今ではとても貴重です。

製造場の入口には、「明るい農村」の由来が書かれた壁があります。
「よき焼酎は、よき土から生まれ、よき土は、明るい農村にあり」

農家の汗と魂の結晶である、さつまいもと米、そして霧島山系の清水から生まれた「赤芋仕込み 明るい農村」を、どうぞ、ご賞味ください。