野海棠「PREMIUM」(プレミアム)

【限定流通】

野海棠PREMIUM

「野海棠」のルーツは、明治35年から薩摩半島の西側に浮かぶ甑島(こしきじま)青瀬の小さな醸造所で300人ほどの島民のためにつくられていた〝海の焼酎〟「手造り青潮」。

野海棠PREMIUM(プレミアム) 25度

平成19年、甑島から祁答院へ移転。
新蔵を建設して手造り麹、木槽仕込み、木樽蒸溜、洞窟貯蔵という日本で初めての焼酎製造に挑戦、〝山の焼酎〟「野海棠」が誕生しました。

それから10年。自信をもって発売したのが、この「野海棠PREMIUM」です。

野海棠PREMIUMは、リナロール、テルピネオール、シトロネルといった成分を多く含み、これらの成分がマスカットやライチのようなPREMIUM果実臭を生み、ライラックの花のような華やかな香りを生んでいます。また、熟成香、バニラ香も含まれ、群を抜いたなめらかな甘さです。

720ml / 税込5,500円(税抜5,000円) ご注文はこちら ご注文はこちら

芋焼酎「野海棠PREMIUM」は、製造工程上の制約から、製造量に限りがあります。
ご購入いただけない場合もありますので、ご容赦ください。

銘柄詳細

原材料さつまいも(鹿児島県産)
米麹(国産)
麹造り手造り(黒麹)
仕込木桶仕込み
蒸溜木樽蒸溜(常圧)
熟成期間5年以上熟成
容量720ml
度数25度
価格5,500円(税込)

野海棠の由来

野海棠は、世界でただ1ヶ所、霧島で咲く花。 リンゴの花とサクラの花をあわせたような、清楚で可憐な美しい花です。

野海棠の花
野海棠の花

日本唯一の製法

手造り麹

「手造り焼酎」とは、焼酎の土台となる麹育成の段階で、温度管理のできる機械を使わず、麹室(こうじむろ)と呼ばれる木の部屋の中で、蔵人の手で、直接麹と触れ合いながら麹を育んでいく製法です。
蔵では、220枚のもろ蓋を使った、伝統手造り製法を行なっています。

手造り麹

木桶仕込み

木桶は、厚さ7センチの杉の木を、丸く組み合わせた容器です。この木桶に、焼酎のもととなる、モロミを入れ、蒸留直前まで、ゆっくりと発酵を進めます。
木桶は、かめ壺や、ステンレスタンクと違い、素材が自然の木であるため、暑い、寒いといった外気温の変化が中のモロミに伝わりにくく、最後まで穏やかに発酵し、丸みのある焼酎に仕上がりました。

木桶仕込み
木桶仕込み

木樽蒸留

焼酎づくりの最終段階である「蒸留」を、木樽(きたる)で行います。
一般的に、ステンレス製の蒸留機が多い中、木樽蒸留機の職人は少ないため、たいへん貴重なものです。
自然の木でできた、木樽の蒸留機を使うことで、やわらかで、まろやか、ほのかに木の香を感じる原酒を取り出せます。

木樽蒸溜

洞窟貯蔵

蔵の裏手に、山をくり抜いて作った貯蔵洞窟「落羽松(らくうしょう)」。
そこは、1年を通して、一定の温度・湿度を保ち、貯蔵・熟成をすすめるのに最適な環境です。

洞窟貯蔵

関連商品

芋焼酎「野海棠」
初取り野海棠