手造り麹・木桶仕込み・木樽蒸留・洞窟貯蔵で造る究極の芋焼酎

初取り野海棠 300ml
初取り野海棠 300ml
初取り野海棠 300ml

初取り野海棠 300ml

商品番号 dn002-300
¥ 2,852 税込

オリジナルポリ袋をご希望の方は、こちらからお選びください。

包装・のしは無料です。ご希望の方は、ご選択ください。

のしをご希望の方は、表書き(例.お中元)、贈答者様のお名前をお知らせください。

※化粧箱・袋については、こちらもご覧ください。

商品情報

商品名
初取り 野海棠 300ml
酒別
本格焼酎(芋)
原材料
さつまいも、米麹(国産米)
蒸留方法
常圧蒸留
容量
300ml
アルコール度数
44度
共有する:

野海棠の由来

野海棠は、世界でただ1ヶ所、霧島に自生する花。
リンゴの花とサクラの花をあわせたような、清楚で可憐な美しい花です。

希少なひとしずく

日本唯一の製法による芋焼酎「野海棠」の希少な「初取り」です。

芋焼酎は、蒸留過程で「初垂れ」「中垂れ」「末垂れ」の順に出てきますが、芋焼酎「野海棠」のなかでも、木樽で蒸溜する際に、初めて出てくる「初取り」だけを集めて、そのまま瓶に詰めました。

「初取り」は、「ハツダレ」「ハナタレ」とも呼ばれ、アルコール度数が非常に高く、焼酎の旨味が濃縮されています。
さらに、1500kgのさつまいもから、わずか10ℓほどしか取れない、希少なひとしずくです。

強烈な風味の香りと旨みを、そのまま、または、ロックでお楽しみください。

手造り麹

「手造り焼酎」とは、焼酎の土台となる麹育成の段階で、温度管理のできる機械を使わず、麹室(こうじむろ)と呼ばれる木の部屋の中で、蔵人の手で、直接麹と触れ合いながら麹を育んでいく製法で造られる芋焼酎です。
蔵では、220枚のもろ蓋を使った、伝統手造り製法を行なっています。

木桶仕込み

木桶は、厚さ7センチの杉の木を、丸く組み合わせた容器です。
この木桶に、焼酎のもととなる、モロミを入れ、蒸留直前まで、ゆっくりと発酵を進めます。
木桶は、かめ壺や、ステンレスタンクと違い、素材が自然の木であるため、暑い、寒いといった外気温の変化が中のモロミに伝わりにくく、最後まで穏やかに発酵し、丸みのある焼酎に仕上がりました。

木樽蒸留

焼酎づくりの最終段階である「蒸留」を、木樽(きたる)で行います。
一般的に、ステンレス製の蒸留機が多い中、木樽蒸留機の職人は少ないため、たいへん貴重なものです。
自然の木でできた、木樽の蒸留機を使うことで、やわらかで、まろやか、ほのかに木の香を感じる原酒を取り出せます。

洞窟(落羽松)貯蔵

蔵の裏手に、山をくり抜いて作った貯蔵洞窟「落羽松(らくうしょう)」。
そこは、1年を通して、一定の温度・湿度を保ち、貯蔵・熟成をすすめるのに最適な環境です。

おすすめ商品

前へ
次へ

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後7日以内にお知らせください。