法蓮寺跡

蓮寺(通称「ふれしどん」)は、真言宗不染山法蓮寺といいい、祁答院氏族 藺牟田初代重基(しげもと)が開基し、藺牟田氏の菩提寺とした。
明治2年の廃仏毀釈で壊され、本尊は後方山際に、一段高く地を定め、初代河内守重基の「河内」(かわち)をとって河内神社と称し、神体として祀った。
本尊は、不動明王、あるいは地蔵菩薩である。祠内には、不動明王や地蔵菩薩等の木像が安置され、稀にみる名作像である。

住所鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田
TELなし
駐車場なし
楽しみ方静かで神聖な場所です。先人の生きた証を感じてください。